アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

アンチ日蓮正宗

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

血脈相承は9世日有の偽作だ(29)~文献の伝承の経緯からして矛盾だらけの「二箇相承」2

■検証29・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ2

 

□複数の著書で全く正反対の内容の「二箇相承」を書いている本是院日叶(左京阿闍梨日教)

 

1556(弘治2)77日 京都要法寺13祖貫首・日辰の写本

要法寺13祖貫首・日辰が北山本門寺に行き霊宝を拝し、北山本門寺8世貫首・日耀をして臨写させたとされる写本が西山本門寺に現存している。

「身延相承 日蓮一期の弘法、白蓮阿闍梨日興に之を付嘱す。本門弘通の大導師たるべきなり。国主此の法を立てらるれば、富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり。時を待つべきのみ。事の戒法と謂ふは是なり。就中我が門弟等此の状を守るべきなり。

  弘安五年壬午九月 日              日 蓮 在 御 判

                  血脈の次第 日蓮日興」

「池上相承 釈尊五十年の説法、白蓮阿闍梨日興に相承す。身延山久遠寺の別当たるべきなり。背く在家出家共の輩は非法の衆たるべきなり。

  弘安五年壬午十月十三日           武州池上

                          日 蓮 在 御 判」

 

大石寺・日蓮一期弘法附属書4
 

(大石寺蔵『日蓮一期弘法付嘱書(身延相承書)

 

西山本門寺・身延山相承書1
 

(大石寺蔵『身延山付嘱書(池上相承書)

この「二箇相承」は、本是院日叶(左京阿闍梨日教)が著書「百五十箇条」の中で引用した「二箇相承」と、大同小異の内容になっている。

ただし、日叶本の「身延相承」に「弘安五年壬午九月十三日、血脈の次第・日蓮・日興、甲斐国波木井山中に於て之を写す」とあるが、日辰本では「弘安五年壬午九月 日 血脈の次第 日蓮日興」となっていて、「甲斐国波木井山中に於て之を写す」の語句はない。

又、日辰本の「池上相承」は、身延山のところが「身遠山」となっているが、日叶本の「池上相承」は「身延山」となっている。「身遠山」は単なる書写の間違いではないかとされている。

1573(天正元年) 大石寺14世日主の「二箇相承」写本

日主本は、要法寺日辰本とほぼ同じで、日辰本と同じく「池上相承」の身延山のところが「身遠山」となっている。

1581(天正9)317日 「二箇相承」強奪事件

甲斐国大名・武田勝頼の家臣・増山権右衛門と西山本門寺宗徒の軍勢が北山本門寺を襲撃して、「二箇相承」等の重宝を強奪する。

1582(天正10)26日 北山本門寺10代貫首・日殿が武田方に重宝返還の訴を為すも聞き入れられず、断食・憤死する。

1582(天正10)311日 織田信長・徳川家康連合軍の武田征伐・天目山の戦いで、武田勝頼一族が滅亡する。

 

 

続きを読む

血脈相承は9世日有の偽作だ(28)~文献の伝承の経緯からして矛盾だらけの「二箇相承」1

■検証27・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ1

 

1480(文明12)本是院日叶「百五十箇条」にはじめて全文が登場する「二箇相承」

 

大石寺の歴代法主のみが相承してきたと称する「唯授一人血脈相承」の根幹を為す文献のひとつが、「二箇相承」なる文書である。「二箇相承」とは、「日蓮一期弘法付嘱書」(身延相承書)と「身延山付嘱書」(池上相承書)の二通の文書からなるが、この「二箇相承書」(にかのそうじょうしょ)の検証は、この文献がいったいどのような経緯で、日蓮正宗大石寺に伝承されているのか、というところから検証せねばならない。「二箇相承書」という文献が、いつの時代から、どのようにして今日まで伝承されてきたのかを、簡単にまとめると、次のようになる。

1308(徳治3)928日 日頂「本尊抄得意抄副書」

「興上一期弘法の付嘱を受け日蓮日興と次第日興は無辺行の再来として末法本門の教主日蓮が本意之法門直受たり、熟脱を捨て下種を取るべき時節なり…」

「末法本門の教主日蓮」「日興は無辺行の再来」は日蓮の教説の中にはなく後世の偽書である。

1336(延元元年)915日 日順「日順阿闍梨血脈」

「日興上人は是れ日蓮聖人の付処…」

1351(正平6)3月 日順「摧邪立正抄」

「日興上人に授くる遺札には白蓮阿闍梨と…」

1380(康暦2)  日眼「五人所破抄見聞」

「日蓮聖人之御附嘱弘安五年九月十二日、同十月十三日の御入滅の時の御判形分明也」

戦国時代以降の筆法があり、富士妙蓮寺5代貫首・日眼ではなく西山本門寺8代貫首・日眼の作とされる。

1468(応仁2)1013日 要法寺12祖・日広書写本

日広本は非公開であるため、その具体的内容は不明

1480(文明12)  本是院日叶(左京阿闍梨日教)「百五十箇条」

本是院日叶(左京阿闍梨日教)が著書「百五十箇条」の中で「二箇相承」の全文を引用している。

「身延相承書 日蓮一期の弘法、白蓮阿闍梨日興に之を付属す、本門弘通の大導師為るべきなり、国主此の法を立てられば富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり、時を待つべきのみ・事の戒法と謂ふは是なり、中ん就く我門弟等此状を守るべきなり

    弘安五年壬午九月十三日、血脈の次第・日蓮・日興、甲斐国波木井山中に於て之を写す」

「池上相承 釈尊五十年の説法、白蓮阿闍梨日興に相承す、身延山久遠寺の別当為るべし、背く在家出家共の輩は非法の衆為るべきなり

    弘安五年壬午十月十三日、日蓮御判、武州池上」

 

183二箇相承初出1百六箇抄文本因妙教主某
 

(日蓮正宗大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』2p182183)

 

1488(長享2)610日 左京阿闍梨日教「類聚翰集私」

左京阿闍梨日教が著書「類聚翰集私」の中で「二箇相承」の全文を引用しているが、ここに載っている「二箇相承」の全文は、8年前に自分が「百五十箇条」の中で引用した「二箇相承」と内容が、あべこべになっている。

「身延相承 釈尊五十年の説教、白蓮日興に之を付属す身延山久遠寺の別当たるべし、背く在家出家共の輩は非法の衆たるべきなり

弘安五年九月十三日、日蓮在御判、血脈次第日蓮日興、甲斐国波木井山中に於いて之を図す」

「池上相承 日蓮一期の弘法、白蓮阿闍梨日興に之を付属す本門弘通の大導師たるべきなり、国主此の法を立てらるれば富士山に本門寺の戒壇を建立すべきなり、時を待つべきのみ、事の戒法とは是なり、中んづく我門弟等此状を守るべきなり、

    弘安五年壬午十月十三日、日蓮御判」

 

315二箇相承・産湯相承事初出
 

(日蓮正宗大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』2p314315)

 

1489(延徳元年)114日 左京阿闍梨日教「六人立義破立抄私記」

左京阿闍梨日教が著書「六人立義破立抄私記」の中で「二箇相承」の全文を引用しているが、前年に「類聚翰集私」の中で全文引用した「二箇相承」の内容とは、部分的に食い違っている所がある。

「身延相承 釈尊五十余年之説教、白蓮日興に之れを付属す、身延山久遠寺の別当為る可し、背く在家出家共の輩は非法の衆為る可き者也

弘安五年九月十三日、日蓮在御判 血脈の次第日蓮日興 甲斐国波木井郷の山中に於て之れを図す」

「池上相承 日蓮一期の弘法白蓮阿闍梨日興に之れを付属す、本門弘通之大導師為る可き也、国主此の法を立て被れば富士山に本門寺の戒壇を建立為す可き也、時を待つ可き於耳、事の戒法と謂ふは是れ也、中ん付く我か門弟等此の状を守る可き也

    弘安五年十月十三日 日蓮在御判」

 

45二箇相承文
 

(日蓮正宗大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』4p44)

 

 

 

続きを読む

血脈相承は9世日有の偽作だ(27)~日蓮は戒壇建立の地、戒壇の寺号を具体的に文献には残さなかった

■検証27・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「本門寺」思想の大ウソ2

 

日蓮は戒壇建立の地、戒壇の寺号を具体的に文献には残さなかった

 

「百六箇抄」には「本門寺」思想について、次のようにある。

「四十三、下種の弘通戒壇実勝の本迹、 三箇の秘法建立の勝地は富士山本門寺本堂なり……

又五人並に已外の諸僧等、日本乃至一閻浮提の外万国に之を流布せしむと雖も、日興嫡嫡相承の曼荼羅を以て本堂の正本尊と為すべきなり。 」

この中に「富士山本門寺の本堂を建立」という、いわゆる「本門寺思想」が登場する。「百六箇抄」に登場する「本門寺戒壇建立思想」は、日蓮は全く説いておらず、矛盾に満ちている。

「百六箇抄」の文中「四十二、下種の弘通戒壇実勝の本迹」の条文に登場する

「三箇の秘法建立の勝地は富士山本門寺の本堂なり」(御書全集p1699)

という文の「富士山本門寺の本堂」とは、「二箇相承」の「国主此の法を立てらるれば、富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり。時を待つべきのみ。事の戒法と謂ふは是なり」の「富士山本門寺戒壇」と全く同義である。「百六箇抄」にはつづけて

「直授結要付属は一人なり。 白蓮阿闍梨日興を以て総貫首と為して、日蓮が正義悉く以て毛頭程も之れを残さず、悉く付属せしめ畢ぬ。 上首已下並に末弟等異論無く、尽未来際に至るまで予が存日の如く、日興嫡嫡付法の上人を以て総貫首と仰ぐべき者なり」「五人並に已外の諸僧等、日本乃至一閻浮提の外万国に之を流布せしむと雖も、日興嫡嫡相承の曼荼羅を以て本堂の正本尊と為すべきなり。」(大石寺59世堀日亨編纂「富士宗学要集」1p21)

とあるので、「二箇相承」の「富士山本門寺の戒壇」、「百六箇抄」の「富士山本門寺の本堂」とは、「日興嫡嫡相承の曼荼羅」つまり大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀る「本堂」であり「戒壇」であるということになる。そうすると大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊が日蓮真造ではなく、後世の偽作本尊だということになれば、自動的に「二箇相承」も「百六箇抄」も「日興跡条条事」も偽書ということになる。では日蓮は「戒壇」建立について、何と説いているのか。日蓮は「戒壇」建立の地については1282(弘安5)48日の遺文(御書)「三大秘法抄」に次のようにある。

「戒壇とは、王法仏法に冥じ、仏法王法に合して、王臣一同に本門の三秘密の法を持ちて、有徳王・覚徳比丘の其の乃往を末法濁悪の未来に移さん時、勅宣並びに御教書を申し下して、霊山浄土に似たらん最勝の地を尋ねて戒壇を建立すべき者か。時を待つべきのみ。事の戒法と申すは是なり」(御書全集p1595)

日蓮は「三大秘法抄」の中で「戒壇」建立の地については「霊山浄土に似たらん最勝の地を尋ねて」と言っただけで、具体的な地名には触れなかった。又、その「戒壇」の名称についても、具体的には触れておらず、寺号が「本門寺」になるかどうかも決まっていなかった。

 

 

続きを読む

血脈相承は9世日有の偽作だ(26)~日蓮は三十年の弘教で「本門寺」思想を全く説いていない

■検証26・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「本門寺」思想の大ウソ1

 

□「日蓮門下寺院は法華本門の寺」の意義から付けられた池上「本門寺」寺号

 

大石寺の「唯授一人血脈相承」の根幹教義のひとつに、「本門寺思想」なるものがある。

大石寺9世日有が偽作した「百六箇抄」には「本門寺」思想について、次のようにある。

「四十三、下種の弘通戒壇実勝の本迹、 三箇の秘法建立の勝地は富士山本門寺本堂なり……

又五人並に已外の諸僧等、日本乃至一閻浮提の外万国に之を流布せしむと雖も、日興嫡嫡相承の曼荼羅を以て本堂の正本尊と為すべきなり。 」

この中に「富士山本門寺の本堂を建立」という、いわゆる「本門寺思想」が登場する。日蓮は三十年の弘教の中で本当に「本門寺思想」を説いたのか、という問題である。

現在、本門寺の寺号を名乗る寺院としては、北山本門寺、西山本門寺、讃岐本門寺と池上本門寺。北山本門寺の場合は、「法華本門寺根源」とか「富士山本門寺根源」と呼んでいる。

西山本門寺は「富士山西山本門寺」とか「富士山本門寺根源」を自称している。これは、「二箇相承」(偽書)にある「富士山本門寺」の寺号を名乗っていると考えられる。

讃岐本門寺は、正式には高永山本門寺というが、江戸時代から戦前にかけて、北山本門寺の末寺だったときは、法華寺を名乗っていた。日蓮正宗大石寺も、将来的には「本門寺」の寺号を名乗るとしている。そうすると、大石寺を含めても本門寺の寺号を名乗るのは、池上本門寺のみが日朗門流で、他は全て日興門流(冨士門流)ということになる。日興門流には、古くから本門寺思想というものがあり、日蓮曼荼羅に「本門寺の重宝たるべきなり」との日興の加筆が散見される。

その他の本門寺思想からみの文献としては、二箇相承、日順文書等があるが、二箇相承は後世の偽作であり、日順文書についても大石寺59世法主・堀日亨が疑義を呈している。そうすると日朗門流の池上本門寺の「本門寺」寺号は、どうして付けられたのか。いつから「本門寺」寺号を名乗っているのか。この点、池上本門寺の公式ウエブサイトを見ても、

「長栄山本門寺という名前の由来は、『法華経の道場として長く栄えるように』という祈りを込めて日蓮聖人が名付けられたものです。そして大檀越の池上宗仲公が、日蓮聖人御入滅の後、法華経の字数(69,384)に合わせて約7万坪の寺域を寄進され、お寺の礎が築かれましたので、以来『池上本門寺』と呼びならわされています」

として、本門寺の寺号は日蓮が命名した、とは書いてある。そこで、池上本門寺の「本門寺」寺号がどういう経緯で付けられたのか、という点について、池上本門寺を訪ねて池上本門寺の僧侶に質問したところ、下記のような見解であった。

僧「本門寺の寺号については、池上本門寺の寺伝によれば、お祖師様(日蓮)が命名された、ということになっています。しかし、お祖師様のご遺文の中には、本門寺の寺号について書かれているものはひとつもありません。ただし、古文書を紐解いていくと「本門寺 日朗」と書いた文献が存在しているので、日朗聖人在世のころには、すでに本門寺の寺号はあったと考えられます」

 

 

続きを読む

1972-1998に大石寺に存在した正本堂と代々木第一体育館(現存)の設計者は全く別人である

□代々木競技場第一体育館の設計者は丹下健三氏、正本堂の設計者は横山公男氏(法華講員)

 

「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」では、2016327日、「1972-1998に大石寺に存在した正本堂のデザインは代々木競技場第一体育館のパクリか」と題して、かつて大石寺に存在した巨大な堂宇・正本堂の設計・デザインが、今も東京・代々木公園に現存している代々木競技場第一体育館の設計・デザインのパクリなのではないか、という問題を取り上げて論究した。

1972-1998に大石寺に存在した正本堂のデザインは代々木競技場第一体育館のパクリか」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/47192178.html

これに対して、日蓮正宗信者(法華講員)が、奇妙な反論を口にしているという情報が、「アンチ日蓮正宗」にもたらされている。日蓮正宗信者(法華講員)が口にする、奇妙な反論とはこうである。

--------------------------------------------------------------

正本堂と代々木競技場第一体育館の設計者は同一人物である。だから、デザインがそっくりでも、パクリにならない。

----------------------------------------------------------------

 

これはまた笑止千万な反論である。1972-1998に大石寺に存在した正本堂と代々木第一体育館(現存)の設計者は全くの別人であり、同一人物ではない。

正本堂の設計者は、横山公男氏(法華講員)であることは、日蓮正宗や大石寺が発行した、数多の正式文献に載っている。

 

正本堂12


正本堂13(設計・横山公男)


大石寺案内1
 

(1984(昭和59)年・大石寺が発行した「大石寺案内」。この中に正本堂の設計は横山公男氏によるものと書いてある)

それでは、代々木競技場第一体育館の設計者は一体誰なのか。それは、日本の建築家、都市計画家。一級建築士である丹下健三氏である。

「丹下健三氏」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B9%E4%B8%8B%E5%81%A5%E4%B8%89

丹下健三氏が設計を手がけた建造物の一覧を、フリー百科事典・Wikipediaから引用してみる。

 

丹下健三1


丹下健三2


丹下健三3


丹下健三4


丹下健三5


丹下健三6
 

(丹下健三氏が設計を手がけた建造物一覧)

このように、1972-1998に大石寺に存在した正本堂と代々木第一体育館(現存)の設計者は全くの別人である。したがって、設計・デザインが酷似していれば、パクリ疑惑が沸騰して当然ではないか。()

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ