アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

タグ:本門戒壇の大御本尊

□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」「Icat-Cult」の「3ブログ」累計訪問者数が47万人突破   皆様には、いつもブログをご愛読いただきまして、まことにありがとうございます。 2018年02月28日で、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の累計アクセス数、「仏教宗 ...

□大石寺六壺によく似ている仏教寺院堂宇は他にもあるが唐招提寺金堂が最も古くからある堂宇   大石寺のそっくり堂宇は、まだある。1988(昭和63)年10月、大石寺開創七百年記念事業として再建された大石寺六壺が、日本に戒を伝えた鑑真開祖の奈良・唐招提寺金堂の外観にそ ...

□知恩院三門も大石寺三門も江戸幕府将軍建立の堂宇だから外観がそっくりになるのも当然か   そっくり伽藍・堂宇は、まだまだある。大石寺の表玄関にそびえ立つ「三門」が、浄土宗総本山・京都知恩院の三門にそっくりなのである。二つの写真を掲載するので、よく見比べ ...

□自公連立政権はカルト宗教対策新立法・新条約制定の前に立ちはだかる重大な障害である3   「アンチ日蓮正宗」「国際カルト宗教対策委員会」が目指しているカルト宗教取締法、政教分離立法、カルト宗教拡散防止条約制定を実現するには、まず第1に、現在の自民党と公明 ...

□東大寺大仏殿、東本願寺・西本願寺御影堂への対抗意識のもとに建築された大石寺客殿   1998(平成10)年3月25日に落慶した大石寺客殿の外観が、浄土宗総本山・京都知恩院の御影堂(みえいどう)の外観にそっくりである。 知恩院御影堂(みえいどう)は、大殿(だいでん)と ...

□東洋仏教文化の例外的に存在した全裸彫刻・かつて大石寺にあった正本堂大前机の全裸彫刻   さて、2018年1月28日、東京・上野・国立西洋美術館に行って、もうひとつ気がついたことがある。それは全裸像のことである。ミケランジェロの全裸男性彫刻像の他、「弓を引くヘ ...

□西洋大物画家の日本画模倣の絵画がズラリと並んだ国立西洋美術館「北斎とジャポニズム」展   2018年1月28日、東京・上野・国立西洋美術館の企画展「北斎とジャポニズム」の鑑賞に行ってきた。この日は企画展の最終日ということもあり、チケット売り場は長蛇の行列。行 ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く7   □日蓮正宗僧侶として「あってはならない」醜態を信徒の面前で晒した大歓寺住職・須賀法重氏   大歓寺初代住職・須賀法重氏は、大歓寺創建当初から一貫して、創価学会との「友 ...

■検証34・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ7    □「二箇相承が秘書だから左京日教はひどい悪本しか知らなかった」と言い訳する松本佐一郎氏   本是院日叶(左京阿闍梨日教)が著書で全文を引用している「二箇相承」と京都要法寺13 ...

■検証33・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ6    □「つねに正本を拝し得ざる仁ではやむをえぬ」と苦しい弁解をしている大石寺59世堀日亨   本是院日叶(左京阿闍梨日教)が、「百五十箇条」で引用・書写した「二箇相承」と、「類聚 ...

■検証32・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ5    □造仏読誦の要法寺13祖貫首日辰が書写した「二箇相承」を御書全集に載せている日蓮正宗   日蓮正宗では、1556年(弘治2年)7月7日、富士門流八本山のひとつである京都要法寺13祖 ...

■検証31・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ4    □日蓮正宗発刊の御書全集に収録されている要法寺13祖貫首・日辰の二箇相承写本   本是院日叶(左京阿闍梨日教)が、「百五十箇条」で引用・書写した「二箇相承」と、「類聚翰集私」 ...

■検証30・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ3    □歴史的史実に反した記述がある本是院日叶(左京阿闍梨日教)の「二箇相承」写本   「二箇相承」の全文を載せた最古の文献は、1480(文明12年)に本是院日叶(左京阿闍梨日教)が著書「 ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く6   □法華講員同士の抗争に火を付けた大歓寺住職・須賀法重氏の不用意・時代錯誤的差別発言   日蓮正宗vs創価学会の第1次紛争から数えて、十年以上が経った1989(平成1)年12月、よ ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く5   □創価学会から接待漬けにされ創価学会の腰巾着僧と化していた大歓寺初代住職・須賀法重氏   日蓮正宗vs創価学会の第1次紛争、いわゆる「創価学会の昭和五十二年路線」を発端 ...

□教義論争・問答・布教活動において決せられる教義解釈の問題については裁判所は介入しない   日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の関係がどうなっているのかを検証する上で、1977(昭和52)年4月20日の日蓮正宗と妙信講(現・顕正会)の「和解」はまことに重要である。 ...

□1974年の妙信講解散処分から3年後に和解した日蓮正宗と妙信講・浅井甚兵衛・昭衛父子   現在、日蓮正宗と日蓮正宗から派生した創価学会、顕正会、正信会が、さも泥仕合的な抗争をしていると思っている人たちが多いようだが、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の関係 ...

□法華講連合会役員人事に露骨な人事介入を行っている日蓮正宗管長(大石寺法主)・宗務院   日蓮正宗法華講連合会とは、日蓮正宗の信徒団体というのに対して、日蓮正宗末寺寺院に所属する「法華講支部」は、講中(こうちゅう)と呼ぶ。講中とは、講を作って神仏にもうでた ...

■検証29・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ2   □複数の著書で全く正反対の内容の「二箇相承」を書いている本是院日叶(左京阿闍梨日教)   □1556年(弘治2年)7月7日 京都要法寺13祖貫首・日辰の写本 要法寺13祖貫首・日辰が北山 ...

■検証27・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ1   □1480(文明12年)本是院日叶「百五十箇条」にはじめて全文が登場する「二箇相承」   大石寺の歴代法主のみが相承してきたと称する「唯授一人血脈相承」の根幹を為す文献のひとつが、 ...

■検証27・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「本門寺」思想の大ウソ2   □日蓮は戒壇建立の地、戒壇の寺号を具体的に文献には残さなかった   「百六箇抄」には「本門寺」思想について、次のようにある。 「四十三、下種の弘通戒壇実勝の本迹、 三箇の ...

■検証26・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「本門寺」思想の大ウソ1   □「日蓮門下寺院は法華本門の寺」の意義から付けられた池上「本門寺」寺号   大石寺の「唯授一人血脈相承」の根幹教義のひとつに、「本門寺思想」なるものがある。 大石寺9世日 ...

□代々木競技場第一体育館の設計者は丹下健三氏、正本堂の設計者は横山公男氏(法華講員)   「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」では、2016年3月27日、「1972-1998に大石寺に存在した正本堂のデザインは代々木競技場第一体育館のパクリか」と題して、かつて大石寺に ...

□「アンチ日蓮正宗・仏教宗学研究会」では膨大な資料・史料のデジタル化の作業を行っています   読者の皆様、新年、明けましておめでとうございます。 本年は、新年のご挨拶が遅れてしまい、申し訳ございませんでした。 昨年は、いろいろとお世話になりました。日記 ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く4   □大歓寺檀徒の面前で「オマエたちは大歓寺から出て行け」と怒鳴った大歓寺住職・須賀法重氏   「アンチ日蓮正宗」管理人は、日蓮正宗寺院の住職、教師僧侶、所化僧侶(修行僧) ...

□日蓮正宗寺院反対の方々は日蓮正宗寺院建設強行に負けずに日蓮正宗撤退まで“がんばれ”   さて2016年から、日蓮正宗が地元住民の反対を押し切って、新寺院建設を進めている千葉県松戸市秋山地区において、いよいよ日蓮正宗が、新寺院落慶を強行するという情勢になっ ...

□法華講連合会行事にて法華講員に信仰指導を行う法華講連合会委員長・副委員長らの役員   日蓮正宗には、各末寺寺院単位の信徒の集まりである「法華講支部」と呼ばれる講中の他に、「信徒団体」というものがあり、この存在が、日蓮正宗という宗教団体の権力構造を実に ...

□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」「Icat-Cult」の「3ブログ」累計訪問者数が41万人突破   皆様には、いつもブログをご愛読いただきまして、まことにありがとうございます。 2017年03月31日で、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の累計アクセス数が107万30 ...

□法華講支部講頭、副講頭、幹事、会計人事に間接介入している日蓮正宗管長(大石寺法主)   日蓮正宗末寺寺院に所属する「法華講支部」は、末寺住職、末寺所属信徒の独断で結成できない。日蓮正宗宗務院は、法華講支部結成の条件として「最低でも40世帯以上」という指針 ...

□末寺総代、法華講支部講頭・副講頭・幹事・会計を承認・認証する日蓮正宗管長(大石寺法主)   「日蓮正宗の僧侶・信徒の関係、信徒団体の構図がよくわからない」「実にわかりにくい」等々の質問がよく「アンチ日蓮正宗」に来ている。日蓮正宗は、最高指導者である日蓮 ...

■検証52・大石寺に「大石寺開山・二祖日興の正墓」は存在しない4   □大石寺参拝の日蓮正宗信徒がほとんど参詣していない毎年2月7日の大石寺「興師会」   2月7日は、大石寺開山(開祖)・二祖日興の祥月命日に当たり、毎年2月6日午後4時から大石寺客殿で「興師会」(こ ...

■憲法20条違反・国際人権規約18条違反の日蓮正宗の急激な信者数拡大を許すなPART2   □シアトル事件敗訴、宗創和解、日顕代替で萎んだ創価学会脱会・日蓮正宗へ入る信徒の流れ   「アンチ日蓮正宗・仏教宗学研究会」でとりあげている文化庁発行「宗教年鑑」の統計と ...

□「宗創戦争」が激烈だった1990年代に年間2~3万人ペースで信者数を拡大した日蓮正宗   日蓮正宗は、1980年代以降、旧来からの信徒講の団体である法華講連合会に対して、1990年の大石寺開創七百年に三万総会、1994年に六万総会、2002年の日蓮・立宗750年に三十万総登山 ...

□一般歳入・歳出予算を一般公開している伝統仏教各宗派と一般公開を拒否している日蓮正宗   現今の日蓮正宗のカネ集めが、いかに常軌を逸した巨大な金額のカネ集めであるかを計るバロメーターがある。一番わかりやすいのは、他の伝統仏教宗派の財政と比較して見ること ...

■日蓮正宗は憲法20条違反・国際人権B規約18条違反の折伏・布教を即時中止せよPART4   □また折伏を行じない住職や法華講員は無間地獄行きだと説法した大石寺68世早瀬日如法主   「2021(平成33)年の日蓮生誕八百年に法華講員(日蓮正宗信徒)を80万人にしろ」と、日蓮 ...

□2015~2016年の2年間で何と23人もの住職を隠居させた大石寺68世早瀬日如法主   現在、日蓮正宗管長・大石寺68世早瀬日如法主・宗務院は、2021年(平成33年)の日蓮生誕八百年の年の「法華講員80万人達成」などという「折伏誓願目標」という名の過酷な布教ノルマを寺院住 ...

□1991年以降、さまざまな行事にかこつけて350億円を超えるカネ集めを行っている日蓮正宗   毎年1月1日~3日にかけて日蓮正宗の信徒団体である日蓮正宗法華講連合会新年初登山会が行われ、日本全国から法華講員(日蓮正宗の信徒)が大石寺に登山参詣することが慣例化して ...

■日蓮正宗は「信教の自由」逸脱・憲法違反・国際条約違反の布教活動を即時中止せよPART2   □大石寺68世日如法主、八木日照総監が折伏・育成をしない者は無間地獄行きだと説法   日蓮正宗では、日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」の毎年の1月号に、大石寺法主(日蓮正宗 ...

□折伏誓願目標未達成の住職が呼びつけられネチネチと「つるし上げ」られる「折伏推進指導会」   2017年1月5日、日蓮正宗総本山大石寺の境内にある日蓮正宗宗務院庁舎の大会議室にて、大石寺68世早瀬日如法主が臨席して、「折伏推進指導会」が開催された。平成29年2月号 ...

■検証51・大石寺に「大石寺三祖日目の正墓」は存在しない10   □日蓮正宗は毎年12月15日の下之坊御会式で日目「墓参」と称する儀式を即刻中止せよ   日蓮正宗では毎年12月15日に、大石寺法主が静岡県富士宮市の大石寺の南約2キロぐらいの所にある下之坊という名前の ...

□韓国「法華講」信徒を約10年間、大石寺登山停止にしてしまった海外部長・前川日秀(慈筆)氏   2017年1月1日、東京・練馬区の日蓮正宗寺院・華王寺の初代住職・前川日秀(慈筆)氏が、92才で死去した。大石寺68世早瀬日如法主が華王寺に下向して行われた前川日秀(慈筆)氏 ...

■検証83「日蓮本仏義」偽作の動機5・大石寺法主の権威確立のため3   □大石寺9世日有の代に左京阿闍梨日教(本是院日叶)の文献に登場する「日蓮本仏義」   日蓮を人本尊(本仏としての本尊)とする教義を大石寺門流の中で、明確に確立したのは、大石寺9世日有である。 ...

■検証82・「日蓮本仏義」偽作の動機5・大石寺法主の権威確立のため2   □「本仏の後継者」「本仏の代官」としての日蓮正宗大石寺法主の権威の確立のため2   それではなぜ、日蓮正宗大石寺9世法主日有は、「戒壇の大本尊」なる板本尊、「日蓮大聖人は末法の本仏・久 ...

■検証81・「日蓮本仏義」偽作の動機5・大石寺法主の権威確立のため1   □「本仏の後継者」「本仏の代官」としての日蓮正宗大石寺法主の権威の確立のため   日蓮正宗大石寺9世法主日有(1402~1482・法主在職1419~1467・1472~1482)が「日蓮本仏義」を偽作した5番め ...

■検証25・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない18   □「日本のダビンチ・コード」のミステリー・大石寺59世堀日亨の「偽作説支持」の隠れた本心   日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨は、本心では「戒壇の大本尊」なる板本尊、「二箇相承」「日興跡 ...

■検証24・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない17   □自らの研鑽・行脚・調査で戒壇大本尊・二箇相承・血脈相承が後世の偽作だと気づいた堀日亨   それにしても、なぜ日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が、自らの著書の中で、「戒壇の大本尊」なる ...

■検証23・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない16   □日興は身延離山のときに何も持ち出していないと認めている大石寺59世法主堀日亨   したがって、日蓮正宗や創価学会で言っている「日興上人は本門弘通の大導師であり、身延山久遠寺の別当で ...

■検証22・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない15   □本当に日興が身延離山で重宝を持ち出していたら涅槃経を原殿に返すはずがない   日蓮正宗や創価学会では、「日興上人は本門弘通の大導師であり、身延山久遠寺の別当であったから、身延離山 ...

■検証21・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない14   □日蓮は弟子たちに「地頭の不法ならん時は我も住むまじき由」とは遺言していない   1366年(貞治5年)に、上野郷の地頭・興津法西が日伝に与えた書状—「興津法西より日伝への返付状」の内容は ...

■検証20・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない13   □「地頭の不法ならん時は我も住むまじき由」の「美作房御返事」は後世の偽作文書2   かつて洗脳法華講員の「やよい」なる者が、mixi「アンチ日蓮正宗」で、美作房御返事の「地頭の不法ならん ...

↑このページのトップヘ