アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

タグ:血脈相承

■日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日に和解した一方でなぜ教義論争を続行しているのか4   □2002年の和解以降、機関紙誌上では日蓮正宗、創価学会はお互いに非難罵倒を控えている   今の日蓮正宗の機関誌「大日蓮」には創価学会批判は1990年代とは比べて大きくトーン ...

■日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日に和解した一方でなぜ教義論争を続行しているのか3   □日蓮正宗寺院住職の信徒直接支配欲を刺激した日蓮正宗・創価学会の第1次・第2次紛争   創価学会「昭和五十二年路線」の教義問題は、1979年5月3日に和解となり、これに不満を ...

□宗創和合時代は日蓮正宗信徒・創価学会員を間接支配しかできなかった日蓮正宗寺院住職   日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日に「和解」しておきながら、その一方で、表向きは「教義論争」---実態は本尊セールス、大石寺登山会セールス、葬儀セールス、塔婆セールス、聖 ...

□伝統的に外部に主敵を造って内部組織統制を固めてきた日蓮正宗、創価学会のファッショ体質   では日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日に「和解」しておきながら、その一方で、表向きは「教義論争」---実態は本尊セールス、大石寺登山会セールス、葬儀セールス、塔婆セー ...

□創価学会総本部板本尊も東京牧口記念館本尊も日寛新本尊も「戒壇の大本尊」の分身散体   こう言うと日蓮正宗や法華講員たちは、「2014年11月の会則変更で創価学会は『戒壇の大本尊』を否定しているではないか」などと言うのだが、これは本尊セールス、大石寺登山会セー ...

□創価学会は大石寺67世日顕を血脈断絶とするが唯授一人血脈相承自体を否定していない   それでは逆に創価学会による「日蓮正宗批判」はどうなのか。これも、内容はとても「日蓮正宗批判」と呼べるような内容のものではなく、創価学会を破門にした大石寺67世日顕批判をメ ...

□日蓮正宗・創価学会の本尊セールス・登山会セールス論争は教義論争の範疇には入らない   「日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日、本尊・教義以外の問題は「和解」している」「日蓮正宗・創価学会の和解の中に本尊・教義問題は含まれていない」などというと、いかにも聞こ ...

□「慧妙」は日蓮正宗の機関紙ではなく、「創価新報」は創価学会の機関紙ではない   「日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日、本尊・教義以外の問題は和解している」---かく言うと、法華講員や創価学会員あたりからこんな反論が飛んでくる。 「日蓮正宗謀略活動新聞『慧妙 ...

□2002年1月31日の和解は日蓮正宗・創価学会の「宗創戦争」を実質終結させる和解である2   シアトル事件の係属そのものが、 「本件訴訟の係属そのものが、控訴人(日蓮正宗、大石寺)ら及び被控訴人(池田大作、創価学会)らにおいて、それぞれの教義をひろめ、儀式行事を行 ...

□2002年1月31日の和解は日蓮正宗・創価学会の「宗創戦争」を実質終結させる和解である   「アンチ日蓮正宗」には、「現在の日蓮正宗と創価学会の関係はどうなっているのか」「日蓮正宗と創価学会の『ケンカ』はつづいているのか」「日蓮正宗と創価学会の関係はなれ合いの ...

■検証48・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ11   □大石寺門流にはじめて「本堂」「客殿」を京都・奈良から輸入した大石寺9世日有   日蓮正宗大石寺9世法主日有がイメージした「本堂」とは、大石寺9世日有が偽作した文書「百六箇抄」に ...

■検証47・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ10   □大石寺には創建当初から「本堂」「御堂」「客殿」と呼ばれる堂宇はなかった2   それでは「本堂」という堂宇は、そもそもどういう堂宇・伽藍なのだろうか。 日本に仏教が伝来した当初 ...

■検証46・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ9   □大石寺には創建当初から「本堂」「御堂」「客殿」と呼ばれる堂宇はなかった   大石寺には創建当初から「本堂」「御堂」「客殿」と呼ばれる堂宇はなかった。 「日蓮聖人の御影並びに御 ...

■検証45・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ8   □日蓮正宗僧侶・高橋粛道氏の論説は「日興跡条条事」真書を言いたいが為の悪質なこじつけ   1281(弘安4)年12月に日目が日興の代理で上洛したとする園城寺申状なる文書は、全くの後世の ...

■検証44・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ7   □日興が日目に授与した二つの本尊の脇書は日目が天奏をした証拠ではない   ------------------------------------------------------------------- (日蓮正宗僧侶・高橋粛道氏の妄説) ...

■検証12・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興12   □仏滅度後讃文が省略され大僻見不相伝の本尊になっている正和三年二月十三日の日興本尊   「本尊七箇相承」なる文書には 「一、仏滅度後と書く可しと云ふ事如何、師の曰はく ...

■検証11・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興11   □地獄界・修羅界・人界・菩薩界等が欠けた十界不互具になっている日興本尊4     ■(265)元徳三年二月十五日の本尊 人界・修羅界・地獄界なし     ■(270)元徳三年六月 ...

■検証10・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興10   □地獄界・修羅界・人界・菩薩界等が欠けた十界不互具になっている日興本尊3   ■(167)元応二年一月十八日の本尊 人界・修羅界・地獄界なし     ■(173)元応二年九月一日 ...

■検証9・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興9   □地獄界・修羅界・人界・菩薩界等が欠けた十界不互具になっている日興本尊2   ■(33)乾元二年五月十三日の本尊 提婆達多なし     ■(35)乾元二年八月十三日の本尊 提 ...

■検証8・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興8   □地獄界・修羅界・人界・菩薩界等が欠けた十界不互具になっている日興本尊2   「本尊七箇相承」なる文書には 「一、十界互具の事義如何、示して云はく釈迦多宝は仏界なり・ ...

■検証43・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ6   □天皇・朝廷から見れば「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない2   したがって、伝奏が奏上・請願等を天皇や上皇・法皇に取り次いだ社寺とは、朝廷公認の南都六宗で ...

■検証42・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ5   □天皇・朝廷から見て「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない   日蓮正宗では、「1281(弘安4)年12月に日目上人が日興上人の代理で園城寺申状を時の天皇に奏上した」 ...

■検証41・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ4   □大石寺59世堀日亨が自ら「日目は生涯42度の国家諫暁をしていない」と否定している   よく日蓮正宗や創価学会の信者が「日目上人は生涯で42回の国家諫暁をなされた」と言う。そしてこの ...

■検証40・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ3   □日蓮在世時代に天奏をした事実もなければ時の天皇から「御下文」を下賜された事実もない   まずは大石寺59世堀日亨が「正本」と位置づけている「日興跡条条事」なる文書に絞ってみたい ...

■検証39・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ2   □毎年の霊宝虫払い大法会で披露されるのは大石寺正式見解の正本と称する「日興跡条条事」   「日興跡条条事」本文のポイントは □1日興が日目を一閻浮提の座主と定めていること □2 ...

■検証38・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ1   □「日興跡条条事」が大石寺9世日有の偽作である証拠は山のようにたくさんある   日蓮正宗の正式文献を紐解くと、あちらこちらに日蓮正宗大石寺には、二祖・日興の真筆の「日興跡条条事 ...

□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」単独アクセス数が130万pv突破   皆様には、いつもブログをご愛読いただきまして、まことにありがとうございます。 2018年07月31日で、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の累計アクセス数、「仏教宗学研究会のブログ」の累 ...

■検証7・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興7   □仏界・人界・修羅界・地獄界が欠け十界不互具の曼荼羅・永仁6年・富士妙蓮寺蔵の日興本尊   日興は、自ら書写した本尊に十界の衆生を全て書写せず、十界互具になっていない、い ...

■検証6・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興6   □迹化の菩薩・声聞・縁覚が欠けた十界不互具になっている弘安10年10月13日の日興本尊   日興は、自ら書写した本尊に十界の衆生を全て書写せず、十界互具になっていない、いわば ...

■検証5・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興5   □提婆達多がなく地獄界が欠け餓鬼界・畜生界に南無を冠する永仁2年2月15日の日興本尊   日興は、自ら書写した本尊に十界の衆生を全て書写せず、十界互具になっていない、いわば ...

■検証4・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興4   □提婆達多がなく地獄界が欠けた十界不互具の正応3年10月13日の日興・日目相承本尊   日興は、自ら書写した本尊に十界の衆生を全て書写せず、十界互具になっていない、いわば「十 ...

■検証37・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ10   □「点画少しも違わず書写」したはずの「二箇相承」日辰写本に存在する「身遠山久遠寺」の誤記   大石寺歴代法主の「唯授一人血脈相承」偽作、「二箇相承」偽作を証明するものは、他 ...

□大歓寺を再起絶望な“お荷物”寺院・ダメ寺院化させた大歓寺二代住職・畑山法俊氏が死去   日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」平成30年3月号に、横浜市旭区の日蓮正宗寺院・大歓寺第二代住職・畑山法俊氏葬儀の記事が載っている。「大日蓮」の公式報道によれば、畑山法俊氏 ...

□大石寺法主(日蓮正宗管長)に次ぐナンバー2八木日照総監が3月、4月の重要行事を欠席   日蓮正宗では大石寺法主(日蓮正宗管長・代表役員)に次ぐナンバー2である八木日照総監が、2018年3月、4月の重要行事をたてつづけに「謎の欠席」をしている。順を追って見てみよう。 ...

□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」の管轄下に   2018年5月18日付けを以て「一般社団法人 仏教宗学研究会」が、正式に法務局に法人登記が完了しました。2012年2月の「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブ ...

□大石寺で行われている折伏誓願目標未達成の住職に対する懲罰的な「吊し上げ地獄」指導   日蓮正宗では、大石寺68世早瀬日如法主(日蓮正宗管長・代表役員)の“専政君主的命令”で、2021年の日蓮生誕八百年までに「法華講員80万人達成」などという無理難題の折伏目標を設 ...

□刑事事件・宗教法人責任認定判決があるのに何のお咎めもない日蓮正宗・創価学会員・顕正会   「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」「国際カルト宗教対策委員会」に「かぜカルト宗教規制立法が必要なのか」との質問が寄せられているが、まず第一に、もはやカルト宗教の ...

■検証290・鎌倉時代・小氷期の極寒地獄の身延山に自生の楠木はなかった20   □枯木・細木・幹が根本から分かれている楠木から「戒壇の大本尊」造立は不可能である2   大石寺66世細井日達法主は昭和52年(1977)5月26日・大石寺大講堂・寺族同心会の説法にて 「戒壇の御 ...

□河辺メモ事件の札幌転任、長男の日蓮宗教学研究発表大会の研究発表で有名な長倉日延氏   日蓮正宗の宗規第7条2の規定によれば 「法主は、能化のうちから次期の法主を選び血脈を相承する。但し、特に相当と認めるときは、大僧都のうちから選び血脈を相承することができ ...

□宗会、参議会、監正会等が全く関与・介在していない日蓮正宗管長、総監、宗務院役員人事   2017年12月14日付けを以て、日蓮正宗宗務院役員が任期満了となり、翌12月15日付けをもって新たに日蓮正宗宗務院の宗務総監及び各部部長、副部長が大石寺68世早瀬日如法主(日蓮正 ...

■検証36・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ9   □本是院日叶本・左京阿闍梨日教本・日辰本の内容の矛盾への山口範道の言い訳を斬る2   「二箇相承」の解釈に完全に行き詰まった山口範道氏が、著書『日蓮正宗史の基礎的研究』の中で ...

■検証35・大石寺「唯授一人血脈相承」が偽作である証拠・「二箇相承」の大ウソ8   □本是院日叶本・左京阿闍梨日教本・日辰本の内容の矛盾への山口範道の言い訳を斬る   「二箇相承」の矛盾に対する堀日亨や松本佐一郎の言い訳は、愚にも付かない言い訳であるが、そう ...

■日蓮正宗・創価学会批判活動家・美濃周人氏の日蓮正宗・創価学会批判活動を検証する2   □なぜ美濃周人氏は「虚構の大教団」を最後に日蓮正宗批判、創価学会批判活動を止めたのか   それともうひとつ、美濃周人氏の活動について、不審な点がある。美濃周人氏は著書「 ...

□「戒壇大本尊」偽作説から「戒壇大本尊」レプリカ説に大脱線した美濃周人氏「虚構の大教団」   1990年代のころ、元創価学会員・元法華講員である著述家・美濃周人氏が、「家庭内宗教戦争~お前は誰の女房だ」「謎の日蓮正宗・謎の創価学会」「日蓮正宗・創価学会・100の ...

□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」「Icat-Cult」の「3ブログ」累計訪問者数が47万人突破   皆様には、いつもブログをご愛読いただきまして、まことにありがとうございます。 2018年02月28日で、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の累計アクセス数、「仏教宗 ...

□大石寺六壺によく似ている仏教寺院堂宇は他にもあるが唐招提寺金堂が最も古くからある堂宇   大石寺のそっくり堂宇は、まだある。1988(昭和63)年10月、大石寺開創七百年記念事業として再建された大石寺六壺が、日本に戒を伝えた鑑真開祖の奈良・唐招提寺金堂の外観にそ ...

□知恩院三門も大石寺三門も江戸幕府将軍建立の堂宇だから外観がそっくりになるのも当然か   そっくり伽藍・堂宇は、まだまだある。大石寺の表玄関にそびえ立つ「三門」が、浄土宗総本山・京都知恩院の三門にそっくりなのである。二つの写真を掲載するので、よく見比べ ...

□自公連立政権はカルト宗教対策新立法・新条約制定の前に立ちはだかる重大な障害である3   「アンチ日蓮正宗」「国際カルト宗教対策委員会」が目指しているカルト宗教取締法、政教分離立法、カルト宗教拡散防止条約制定を実現するには、まず第1に、現在の自民党と公明 ...

□東大寺大仏殿、東本願寺・西本願寺御影堂への対抗意識のもとに建築された大石寺客殿   1998(平成10)年3月25日に落慶した大石寺客殿の外観が、浄土宗総本山・京都知恩院の御影堂(みえいどう)の外観にそっくりである。 知恩院御影堂(みえいどう)は、大殿(だいでん)と ...

□東洋仏教文化の例外的に存在した全裸彫刻・かつて大石寺にあった正本堂大前机の全裸彫刻   さて、2018年1月28日、東京・上野・国立西洋美術館に行って、もうひとつ気がついたことがある。それは全裸像のことである。ミケランジェロの全裸男性彫刻像の他、「弓を引くヘ ...

↑このページのトップヘ